利息¥0キャンペーン実施中!<br>須賀質店が利息¥0でお貸出ししています!期間が限られています。詳しくはこちらをクリック キャンペーン第2弾 65歳以上のお客様 金利0円キャンペーン実施中! キャンペーン

ルイヴィトンバッグの買取価格と質入れ(預かり)融資相場の例

下記、ルイヴィトンバッグの買取相場および質入れ(預かり)の融資金額は、本体新品・箱アリ・保証証付き(有効期限内)を基準にしております。参考にしてください。
また中古品の場合、商品の状態によって査定金額は上下することがあります。

査定は無料ですのでお気軽にお電話、ご来店ください。高価買取・融資をいたします。

lv_never01

ルイヴィトン バッグ

名称 モノグラム
型番 ネヴァーフルPM
型番 M40155
買取額 50,000円前後

lv_wil01

ルイヴィトン バッグ

名称 モノグラム
型番 ウィルシャーPM
型番 M45643
買取額 45,000円前後

lv_pa01

ルイヴィトン バッグ

名称 モノグラム
型番 バティニョールオリゾンタル
型番 M51154
買取額 52,000円前後

ルイヴィトンバッグのブランド一口メモ

ルイヴィトンの歴史は1854年、パリ・キャプシーヌ通り4番地で世界初の旅行鞄専門店を 創業したことに始まります。

灰色のキャンバス地で覆われた軽量の「グリ・トリアノン・キャンバス」というトランクを発表し需要を一気に加速させ、1867年のパリ万博では 銅メダルが授与されました。

彼は事業でも大成功を手にします。

今ではその名を知らない人はいないほど有名な高級ブランド《ルイヴィトン》ですが、全ての始まりは「旅行鞄」だったのです。

1892年、ルイヴィトンが亡くなった後、彼のブランドは益々世界的な企業へと成長し続けました。

その人気ゆえ模倣品が出回り、打開策としてトレードマークとなる布地を発表します。

それが現ブランドの象徴でもある「モノグラム」です。

このモノグラム、じつは日本の《家紋》にヒントを得て作られたといわれています。

他にも、日本の市松模様をヒントとした「ダミエ」、「ヴェルニ」、最高級レザーを用いた「エピ」、「モノグラム・ミニ」、日本人デザイナー村上隆とのコラボレーションで作られた「マルチカラー」など個性豊かな独自のデザインで様々なバッグを世に送り出しています。

バリエーションも豊富で、定番のボストンバッグ、トートバッグ、ショルダーバッグ、ハンドバッグ、ブリーフケース&ビジネスバッグ、シティバッグなど多種多様。

爆発的な人気を得ているヴィトンですが、我々日本人に馴染み深い独特のデザインがファンの心をつかんでいるのかも…しれません。

メールでのお問合せはこちら お電話でのお問合せはこちら