利息¥0キャンペーン実施中!<br>須賀質店が利息¥0でお貸出ししています!期間が限られています。詳しくはこちらをクリック キャンペーン第2弾 65歳以上のお客様 金利0円キャンペーン実施中! キャンペーン
利息¥0キャンペーン実施中!
金利0円キャンペーン実施中!
鑑定は無料です。お気軽にご来店ください。
予約も歓迎いたします。
無理に質入れをおすすめすることはありませんので
ご安心ください。
↓各電話番号をワンクリックでお電話できます↓
池袋店に電話:
渋谷店に電話:
五反田店に電話:
営業時間:10~19時 定休日:日曜・毎月7,17,27日

現役質屋が語る「質屋とは」「質屋と買取店の違い」

 

みなさんは「質屋」についてどのくらいご存知でしょうか。質屋とは、質流れ品を安く売っているお店、いらない不用品を買取ってくれるお店、買取専門店やリサイクルショップと同じでブランド品や貴金属を買取ってくれるお店、こんなイメージではないでしょうか。

 

質屋と買取専門店やリサイクルショップが同じ仕事であるという認識は間違いではありませんが、正解ではないと思っています。質屋には不用品を買取る「買取」の仕事の他に、品物を担保として預かってお金を貸すという「質入れ」の仕事もあるからです。

 

recycle_vs_pawn1

現役の質屋人として、質屋について正確な認識をしていただけていないというのは残念ですが、皆さんに質屋の実態を理解していただけていないというのは、私どもの情報発信が少ないせいもあると思います。

 

こちらのページでは皆さんに質屋についてより知っていただき、質屋を上手に使いこなしていただくために以下について順番に説明してゆきたいと思っています。

 

 

【目次】

【1】質屋、買取専門店、リサイクルショップは何が違うの?

  ①モノを買い取りするということでは、質屋、買取専門店、リサイクルショップは同じです

  ②リサイクルショップの取り扱う品物は日常品

  ③質屋と買取専門店が取り扱う品物は高級、高額品

 

【2】質屋、買取専門店、リサイクルショップではどこが一番高く買ってくれるの?

  ①質屋とブランド買い取り店は、どちらが買い取り価格が高いですか。

  ②質屋やブランド買い取り店が買い取り価格を付ける時に、何を基準に価格をつけているの?

  ③なぜ、業者専門のオークション事例を買取価格の参考にするの?

  ④高く買取する店舗ってどうすればわかるの?

  ⑤高い買取をする店舗を探すには、どうすれば良いですか?

 

【3】質屋の「質入れ」とは何ですか?

  ①質屋の「質入れ」とは

  ②質入れの具体的なシステムは

  ③「質入れ」を利用するのが良い時ってどんな場合ですか?

 

【1】質屋、買取専門店、リサイクルショップは何が違うの?

 

ここ10年くらい前からリサイクルとかリユースといった言葉の広まりと共に、モノを大切にするとか、自分が不要になったモノでも、誰かに引き取ってもらって大切に使い続ける考え方が浸透してきました。

 

また東日本大震災が起こる数年前より金やプラチナの価格が上昇をはじめ、貴金属買取専門業者が多数出現し、商店街の中の小さなお店でも「金・プラチナ買取専門店」「貴金属買い取り店」などが営業をはじめた記憶があります。同時にチケット買取の業者も増えてきました。

 

同じ頃に本買取専門店、ブランド買取店、衣類買取専門店といった、各種の不用品を買取る専門業者やリサイクル業者がたくさん現れるようになりました。

 

 

①モノを買い取りするということでは、質屋、買取専門店、リサイクルショップは同じです

 

皆さんが不要になった品物を買取ってお金をお支払するという、「モノの買取」という大きなくくりの仕事に関して言えば、質屋、買取専門店、リサイクルショップは同じ仕事(古物業)をする店舗といえます。ただ一言で「モノの買取」といっても、モノはいろいろな種類があって高級品もあれば日常品もあり、小型から大型まで様々なモノがありますね。質屋、買取専門店、リサイクルショップは、その取り扱う品物によって棲み分けをしていると言えるでしょう。

 recycle

 

②リサイクルショップの取り扱う品物は日常品

 

リサイクルショップの取り扱う品物は、皆さんの生活に密接にかかわっている日常品が多いといえます。具体的に言えば家具や家電製品、衣類、ゲーム、DVD、玩具、楽器など店頭で買取し、自社の店舗に並べて販売している場合が多いようです。

 

リサイクルショップで主に買取~再販売されている商品は、上記のとおり日常品が多いために買取価格についてもそれほど高額になることは無く、買取査定金額もある一定の金額の範囲内に落ち着くことが多いといえます。

 ring1

 

③質屋と買取専門店が取り扱う品物は高級、高額品

 

日常品を中心に扱うリサイクルショップに対して、質屋や買い取り専門店が取り扱う品物は高級ブランド品や希少価値ある宝石やダイヤモンド、複雑機能の付いた高価腕時計だったりします。高額品は買取査定価格を付ける場合、調べる項目が多く、経験や訓練を積まなければ見極めなければならない場合も多数あります。

 

高額品の中でもダイヤモンドや、ルビーやエメラルドといった色の付いたカラーストーンは査定価格を付ける作業が難しい商品のひとつです。ルビーやエメラルドといった色石は、ルビーの赤色、エメラルドの緑色などの石特有の色が、本当に価値があり流通価格が高くなるかどうかという見極めをしなければなりません。

 

色石特有の色を見極める作業は、多数の経験を積むだけでなく感覚的な要素も大きな判断材料になります。また、色の濃さや薄さ、透明度、輝きなども査定の重要な要素になるので、数日から数か月の経験や訓練では見極められないのです。

 

結論を申し上げれば、質屋や買い取り専門店が取り扱っている品物は、価値を見極め査定価格を出すのが難しい商品を扱っているといえます。価値の見極めが難しく、買取査定額が簡単に求められない商品を扱うがゆえに「どこが一番高い買取価格を出せるのか」という疑問をお持ちの方が多いはずです。

 

さて、次の項目では皆さんが一番関心のある「どこが一番高い買取価格を出せるのか」という疑問について考えてみようと思います。

 

osusume

⇒まとめ

モノの買取という点で言えば、リサイクルショップ、買い取り専門店、質屋に違いはない。しかし、買い取る品物で店舗の違いが出てくる。リサイクルショップはおもに日常品、買い取り専門店と質屋は高額品や高級品を取扱いしている。

 

 

 

 No.1

【2】質屋、買取専門店、リサイクルショップではどこが一番高く買ってくれるの?

 

質屋、買取専門店、リサイクルショップは「モノの買取」という仕事に関して考えれば、どの店舗も同じであることをご説明しました。ただ、買取する品物によってこれらの店舗には差があって、リサイクルショップは日常品を取り扱うことが多く、質屋や買い取り専門店は高額品を取り扱うことで棲み分けが出来ているというご説明もいたしました。

 

①質屋とブランド買い取り店は、どちらが買い取り価格が高いですか。

 

こちらのサイト 質屋東京.Comを運営している会社は須賀質店で質屋なので「質屋の方が高く買います」と断言したいのですが、それではあまり信用してもらえないと思うので、現役の質屋が買い取りの現場で日々感じることを正直にお話しします。

 

質屋と買取専門店ではどちらが高いのか、という疑問の答えは、高く買い取るかどうかはその店舗の方針、店舗の運営方法、査定員の経験値や力量によって決まるので、「質屋だから安い」「買取専門店だから高い」ということは有りません。質屋でも高い買取する店舗はあるし、買取専門店でもすごく安い買取をする店舗もあります。

 

②質屋やブランド買い取り店が買い取り価格を付ける時に、何を基準に価格をつけているの?

 

質屋や買い取り専門店が品物の買取の査定額を付ける時に、目安というか基準にしている価格は何でしょうね。彼らは何を見て、ブランド品や高級腕時計や宝石の査定価格を付けているのでしょう。

 

それは、業者専門のオークション落札価格を基準に、買取査定価格を付けることが多いのです。業者専門のオークションは古物営業許可を持ったプロのみが参加できるオークションで、日本はもちろん世界中で開催されています。その規模は、小さいオークションでは同業者が20名程度で行うオークションもあれば、下見を含めて数日間にわたって行われて数百の業者が参加する大規模なオークションもあります。

 

業者専門のオークションは、日々様々な品物がたくさん取引されるので、ブランドごとに、その商品ごとにある程度の範囲で相場が形成されます。例えばロレックスのデイトナという時計がありますが、何年製造で文字盤の色、保証書の有無、附属品の有無、傷や状態によって、いくらくらいで落札されるという事例が出来上がってくるのです。質屋や買い取り専門店では、こうした事例を店頭での買取査定価格に反映させていることが多いです。

 

③なぜ、業者専門のオークション事例を買取価格の参考にするの?

 

質屋や買い取り専門店は、お客様から買取した品物は売却して資金化するのが仕事です。店頭で小売りしたりECサイトに掲示して売ることは出来ますが、いつ売れて資金化できるかわかりません。資金化できるかどうかわからない在庫を抱えすぎれば、店頭で買取する現金が不足します。

 

そこで、オークションの落札価格を基準にして買取査定価格を決めれば、小売したりECサイトで販売して売れなかったとしても、オークションで売却するという手法が取れることになります。自社で販売するよりも利益は減りますが、すぐに現金化して次の買取の機会を逃すことが無いというわけです。

shichiya02

 

④高く買取する店舗ってどうすればわかるの?

 

質屋も買取専門店も、買取価格を決める基準にしている数字は業者専門オークションの落札価格であることはご説明しました。でも、各店舗の買取価格が同じにならないのはどうしてでしょうか。

 

 

●多数のオークションを研究して、落札結果を精査している業者の買取は高い

それはオークションと言っても、取り扱う商品によって落札価格に結構バラつきが出るのです。例えば、宝石は高いが高級時計は安いオークション、とかブランドバックは高いが宝石類が安いオークション、指輪などのアクセサリーが高いがブランドバックは安いなど、オークションによって差が出ることが多いので、たくさんのオークションに参加した経験がある業者や、複数のオークションの落札結果を研究している業者は、高い買取が出来る可能性があります。

 

 

●オープンしたばかりで、商品を集めたい、知名度を上げたい業者の買取は高い

またオープンしたばかりで、とりあえず商品を集めたい、知名度を集めたいなどの目的の店舗は、買取価格も高くなりがちです。新規開店のリサイクル店が、ブランドバッグや指輪や時計の買取額を非常に高くしたチラシを配布することがありますが、高い買取金額を提示して注目を集めるのが目的で、いつまでも続けられる営業手法ではないですね。

 

 

●買取以外に利益を上げられる手段のある業者の買取は高い

店舗の運営方針で、買取以外の利益を上げる手段のあるお店は買取価格は高くなります。このサイトの運営会社である須賀質店の場合、買取の利益は微々たるものですが、質屋の知名度を上げたいという思いと、質屋は買取以外に「質入れ」による利息の利益があるので、買取では買取価格をギリギリに高くしても店舗としては成り立っています。

 

●宅配買い取りや出張買い取りは、店舗買い取りに比べてコストがかかるので高い買取になりにくい

買取手法として、宅配買い取りや出張買い取りという手法が有りますが、買取店にしてみれは「宅配キットの郵送」「買取担当者の現場への派遣」というのはコストがかかるので、高い買取価格を狙うのであれば避けたほうが良いかもしれないですね。

 

●経験や知識が豊富な査定員のおこなう買取は高い

現場で商品を手にする査定員の経験値や力量ですが、高い買取を実現するには、こうした経験豊富で知識のある査定員に出会えることが不可欠です。特に質屋やブランド買い取り店に持ち込まれるような高級品は、その商品の相場を良く知っていて、たくさんの高級品を見極めた経験がなければ思い切った高値を付けることは出来ないからです。

 

 

⑤高い買取をする店舗を探すには、どうすれば良いですか?

 

これまでご説明したように、高い買取をする店舗は、質屋とか買取専門店といったお店の種類ではなく、店舗運営の方針として高い買取を目標にして、高い買取が出来る組織になっていて、優秀な査定員が店頭にいるお店、ということになります。

 

そんなお店に、どうすれば出会えるのでしょうか。それは、複数の買取業者の情報をインターネットなどで調べて、買取する品物について問い合わせしてみるのが一番確実な方法です。今ではメール査定、ライン査定など、画像添付で問い合わせできるお店がたくさんあるので、高い買取価格を狙うのであれば、複数の店舗で問い合わせしてみることをお勧めします。

 

osusume

⇒まとめ

買取の現場で買取価格の算出に使われるのは、業者専門のオークション落札結果であることが多い。そして、リサイクルショップ、買い取り専門店、質屋でどこがいちばん高額で買取するか、という問題は店舗の種類によるものではなく、個別の店舗の事情によることが多い。以下の店舗は買取額が高い可能性はあるが、高い買取を希望するならば、複数店舗に問合せして比較するのが良い。

多数のオークションを研究している店舗

オープンしたばかりの店舗

買取以外の利益を上げられる店舗

経験や知識が豊富な査定員がいる店舗

 

 

 

 shichiya01

【3】質屋の質入れとは何ですか?

 

ここまで、長々とご説明にお付き合いいただき、ありがとうございました。これまでは、質屋、買取専門店、リサイクルショップの違いをご説明してきました。また皆さんがとても関心のある、「いったいどこが一番高い買取をするの?」の疑問に関しては、質屋だから、買取専門店だから、高いとか安いのでははくて、店舗の運営方針や査定員の力量の影響が大きい、といったご説明もいたしました。

 

 

①質屋の「質入れ」とは

 

質屋はモノを買い取りするほかに、モノを預かってお金を貸すという「質入れ」という仕事をすることもできます。買取されたモノは、質屋や買い取り専門店の所有になりますから、後で「やっぱり返してほしい」とお願いされても返すことは出来ません。

 

質入れでは、モノを質屋に預けてお金を借りる形式なので、後々「モノを返して」と申し出ればモノは戻ってきます。しかし、お金を借りていたことになるので、借りていた元金と借りていた期間の利息を支払うことになります。

 

 

②質入れの具体的なシステムは

 

モノを担保として預けてお金を借りるシステムが「質入れ」でしたが、もう少し詳しくご説明します。消費者金融やカードローンの返済は、信用情報を利用して融資金額、金利、返済の期限を決めますが、質入れの場合は担保として預けるモノの価値が借入れの上限になります。

 

支払う金利については、銀行やカードローンの金利は利息制限法に定められていますが、質屋の金利は質屋営業法に定められており、銀行やカードローン、消費者金融の金利と質屋の金利は、異なったものとして考えられています。

 

また、借入れ期間(質期限)は3ヵ月で、3ヵ月ごとに金利を支払うことで質期限は何度でも延長することが可能です。そして、「質入れ」で借りたお金は金融機関からの融資と違って、返済が滞っても担保として預けたモノを諦めれば、その後の返済はしなくても良いことです。預けたモノを諦めることを質流れ(流質とも呼ばれます)といいますが、質流れにしてしまえば取り立てや催促に合わずに済むのです。

 

②「質入れ」を利用するのが良い時ってどんな場合ですか?

 

質屋でも買取店でも「モノの買取」が成立してモノを渡してしまうと、取り戻すことは出来ません。「やっぱり愛着があるので、受け取ったお金は返すので品物を戻してください」とお願いされても、戻すことは出来ないのです。

 

買い取りを希望する場合は、モノが本当に必要ないと決めてからでないといけません。もし、少しでも迷いが有ったり、一時的にお金が必要なだけで後でモノを取り戻したい、と考えているならば「質入れ」を選んでおいた方が良いですね。

 

このサイト 質屋東京.Comでは、質入れについてより詳しく説明したページもありますので、質入れして質屋からお金を借りる方法をお考えの方はご覧になってみてください。

⇒質屋でお金を借りる方法

 

osusume

⇒まとめ

質屋には買取のほかに、質入れというシステムがある。質屋の質入れは品物を担保として預けて、品物に見合うお金を借りるシステムで、お金を借りることになるので利息の支払いが必要になる。買取は品物を手放してしまった後に取り戻すことは出来ないが、質入れは借りたお金と利息を払えば品物を取り戻せる。また、支払いが出来なくなった時は、質流れ(流質)にすれば、その後の支払いをする必要はなくなる。

 

メールでのお問合せはこちら お電話でのお問合せはこちら