利息¥0キャンペーン実施中!<br>須賀質店が利息¥0でお貸出ししています!期間が限られています。詳しくはこちらをクリック キャンペーン第2弾 65歳以上のお客様 金利0円キャンペーン実施中! キャンペーン
利息¥0キャンペーン実施中!
金利0円キャンペーン実施中!
鑑定は無料です。お気軽にご来店ください。
予約も歓迎いたします。
無理に質入れをおすすめすることはありませんので
ご安心ください。
↓各電話番号をワンクリックでお電話できます↓
池袋店に電話:
渋谷店に電話:
五反田店に電話:
営業時間:10~19時 定休日:日曜・毎月7,17,27日

シャネル財布・小物の買取価格と質入れ(預かり)融資相場の例

下記のシャネル財布・小物の画像でご案内している買い取り相場、または質入れ(預かり)の融資金額は、新品未使用品で保証書有り、購入してから3か月以内の商品を基準にご案内しています。そのためにある程度使用した中古品の場合は、使用感や商品の状態により下記のご案内の査定金額より下回る査定金額になることをご承知おきください。

 

 

財布や名刺入れといった商品は、製品の特性上使い方や使用感によって査定金額が大きく変わることがあります。特にシャネルの財布類には柔らかい皮革製品があり(ラムスキン、キャビアスキンなどと呼ばれています)、日常の使い方や保管状態が査定結果に出やすい商品のために、新品で購入したとしても、現在の状況が質入れや買取の査定に影響しやすい商品といえます。

 

 

こちらのページで画像付きの取引事例は、過去に須賀質店で取引したシャネル財布・小物類の取引事例なので、皆さんのお手持ちのシャネル財布・小物の質入れや買取をする時の参考にしてください。シャネルの財布・小物類の取引事例は、取引相場の変動により変わることがあるので、より正確な質入れ査定価格や買取査定価格をお知りになりたい場合は、当Webサイトの「ライン査定」をご利用いただくことをお勧めいたします。

 

 

また、シャネルの財布・小物類を高価質入れ査定できる、高価買取できる質屋はどうやって見つけるか、というテーマで、この質屋東京.comを運営している須賀質店が解説しています。現役の質屋として一般の方にもわかりやすく4つのテーマで説明しているので、シャネルの財布の買い取りや質入れを考えている方はぜひ参考にしてください。

 

 

シャネル財布・小物等の買い取り価格や質入れ価格の決まり方

査定中にスタッフは何を見るのか

シャネル財布・小物等を高く売るには

シャネル財布・小物等を高く買う、高く質入れ出来る店舗の探し方

 

 

シャネル長財布

シャネル 長財布

名称 マトラッセ二つ折り長財布
型番 A31509
買取額 60,000円前後

シャネル長財布

シャネル 財布

名称 マトラッセラウンドファスナー長財布
型番 A50097
買取額 90,000円前後

シャネル長財布

シャネル 長財布

名称 マトラッセラムスキンラウンドファスナー長財布
型番 A50097
買取額 60,000円前後

シャネル長財布

シャネル 長財布

名称 マトラッセキャビア2つ折り財布
型番 長財布
買取額 80,000円前後

シャネル財布

シャネル 長財布

名称 三つ折り財布
型番 長財布
買取額 50,000円前後

シャネル 長財布

シャネル 長財布

名称 カンボンライン2つ折り長財布
型番 A26717
買取額 80,000円前後

シャネル 長財布

シャネル 長財布

名称 ファスナー付き長財布
型番 長財布
買取額 70,000円前後

シャネル 長財布

シャネル 長財布

名称 カンボンライン長財布
型番 A26710
買取額 60,000円前後

シャネル財布

シャネル 財布

名称 カンボンラインがま口財布
型番 ガマ口型財布
買取額 40,000円前後

 

shichiya03

シャネル財布・小物等を高く買い取る、高い質入れが出来る質屋はあるの

最近のリサイクル、リユースの広まりから、いらなくなったものでも誰かに売ったり、買取する店舗がたくさん増えてきました。不用品を買い取る仕事は、もともと質屋がむかしからやってきた仕事ですが、買取に関しては専門業者が現れてきたということですね。

 

 

こうした流れのなかでシャネルの財布や小物類も、新品未使用品はもちろんのこと、使って古くなった中古品まで売却してお金に換えることが出来るようになりました。財布や名刺入れ、カードケースなどは商品の特性上、使用状態によって査定価格が大きく変わることがありますが、まったく価値がなくなることはありません。

 

 

皆さんもお手持ちのシャネルの財布や小物類を売却しようと思ったら、少しでも高く売りたいですよね。また、シャネルの財布や小物類を手放すことなくお金を調達しようと考えれば、少しでも高く質入れしたいと思いませんか。

 

 

こちらのページでは質屋東京.comを運営している須賀質店が、質屋の目線で少しでも高くシャネルの財布や小物類を売る方法について解説しています。また、シャネルの財布や小物類を質入れして融資を受けようとお考えの方に、少しでも高く質入れ出来る方法を説明しています。皆さんのシャネル財布や小物類の買い取りや質入れに多少でもお役にたてばと思っています。

 

 

syokai

シャネル財布・小物等の買い取り価格や質入れ価格の決まり方

皆さんは、シャネル財布・小物等の買い取り価格や質入れ価格が、どのような流れで決められるかご存知でしょうか。シャネルの財布やカードケース、コインケースなどは数万円~数十万円で売られている高価な商品ですが、買い取りや質入れの現場では販売価格の半値以下、1割程度になってしまうことも珍しくありません。「査定スタッフの気分で、適当な値段を付けているのではないか」と思われる方もいらっしゃると思いますが、そんなことはなく、買取価格や質入れ価格が決まるのはきちんとした流れがあるのです。

 

 

シャネルの財布・小物等の買い取り価格や質入れ価格は、以下の理由で変わってきます。

 

①当該財布・小物等の人気度

②当該財布・小物等の購入してからの長さ

③当該財布・小物等の傷や使用感といった状態

 

それぞれについて、簡単にご案内いたしましょう。

 

 

ninkimono

①当該財布・小物等の人気度

世界中からのセレブから愛されるブランド シャネルの財布・小物等の商品でも、発表されて販売が始まると売れ行きに差が出てくるものです。財布であれば、形状、使いやすさ、色、デザインなどが売れ行きに影響する要素になりますが、人気が出るロジックはないので販売するまでわかりません。また、今まで人気がなかった商品でも、人気のある芸能人が使い始めた途端に爆発的に売れ始めた等、とても不確定な要因です。

 

 

そして販売された後の商品の人気度は、中古品の販売価格に反映されてきます。シャネルの財布・小物類は中古品ブランドオークション市場で頻繁に取引される商品なので、このオークション落札価格を調査すれば当該シャネルの財布・小物類が人気があるかどうか判断できるのです。

 

 

質屋や買い取り店で「買った値段に比べて買取価格がものすごく安いね」と言われることがありますが、買取査定価格や質入れ査定価格は購入金額よりも、中古品としての流通価格の影響を大きく受けるということをご理解いただければと思います。

 

 

long_rekisi

②当該財布・小物等の購入してからの長さ

 

これは、「購入してからどのくらいの期間が経過しているか」ということで、どのくらい古い財布・小物類であるかということになります。一流メーカーのシャネルと言えども、古くなってしまった財布や小物類に高価査定はできません。特にシャネルの財布にはシリアル番号が付いていて、この番号を調べると製造年がわかるので古いシリアル番号が付いている財布はそれだけでも査定価格が低くなりがちです。

 

 

kizu_jotai

③当該財布・小物等の傷や使用感といった状態

シャネルの財布やカードケース、名刺入れ等は、キャビアスキンやラムスキンといった革製品であることが多いです。キャビアスキンは牛革にキャビアのような細かな模様をあしらった革で、比較的丈夫な材質ですが、ラムスキンはその名の通り羊の革で薄く柔らかい手触りが特徴です。革製品であるために、使われ方や保管状態が使用感として商品現状に反映されやすく、査定額に影響してきます。

 

 

前項②で触れた「購入してからどのくらいの期間が経過しているか」という点は、所有期間が長い財布や小物類は、使われたトータルの時間も長いために、痛みや使用感が有るだろうといった考え方がもとに有りますが、最近購入した財布や小物類であっても使い方が荒っぽく、雑な保管方法であった商品と、以前に購入した財布や小物類であるが、丁寧に使って大切に保管していた商品ではどちらの商品が高い査定額が付くかは言うまでもありません。

 

 

シャネルに限ったことではありませんが、財布や小物類といった革製品で高価買取査定額や高価質入れ査定額をお望みであれば、普段から大切に使い保管にも気を使うといった点にもご注意いただければと思います。

 

 

shiraberu

査定中にスタッフは何を見るのか

シャネルの財布や小物類を、買取や質入れをするために質屋や買い取り店に持てゆくと、査定員が中を見たりパソコンで何かを調べたりしていますが、彼らは査定の作業中なにをしているんでしょうか。シャネルの財布や小物類の質入れや買取で、査定員がまず行っているのは、持ち込まれた財布や小物類が本物かどうかのチェックです。

 

 

シャネルのような一流ブランドの財布になると、多くのコピー品が流通しているので、質屋や買取店にはある程度の割合でこうした偽物(コピー品)が持ちもまれるようになってしまいます。昨今では法令順守の考え方が浸透しているので、質屋業界やリサイクル業界でも偽物(コピー品)の取引は厳しく制限されているので、偽物(コピー品)は換金ができない品物になってきました。

 

 

持ち込まれた財布や小物類が偽物(コピー品)でないことを確認しながら、査定員は商品の状態や使用感などを並行してチェックしています。傷やや汚れをチェックしながら、縫製のほつれや破れなどの破損がないかどうかなどもチェックしてゆきます。

 

 

査定員がパソコンを見ている時は、買取価格を調べている場合が多いです。新品の販売価格を調べていたり、持ち込まれた財布や小物類の中古品オークション市場の落札結果をチェックしながら、お客様に買い取り価格でいくらを掲示しようかを考えていることが多いですね。

 

 

up_up

シャネル財布・小物等を高く売るには

シャネル財布・小物類を高く売るには、シャネルの財布や小物の取り扱い数が多く、シャネルの財布や小物類の中古品流通市場に通じている業者を選ぶことになります。シャネルの製品は種類が多いので、流通量の少ないレアなモデルの買い取りや質入れを希望した場合、定番商品しか取り扱っことが無い業者の場合、思った程の高値査定がつかない場合が有ります。

 

 

Webサイトで調べてみれば、シャネル財布・小物等を取り扱う業者はたくさん出てくるので、その中でも大きく取り上げられていたり、シャネル財布や小物類の専用ページのある業者は、高価買取や高価質入れ出来る可能性が高いです。

 

 

最近の質屋や買い取り店のWebサイトには、ライン査定を取りいれている業者が多いです。このサイトの運営会社である須賀質店でもフッダーに固定したライン査定のアイコンがありますが、査定をする業者からしてもライン査定は連絡手段として使いやすいツールといえます。

 

 

その理由は、容量の大きい画像が複数添付することが出来ること、お客様ごとにアカウントが割り振られる事、返信が早いことなどがありますが、より高いシャネル財布・小物等の買取査定価格や質入れ査定価格を知りたいときは、シャネル財布を得意にしている様な業者複数社に、ライン査定で画像を何枚か添付して問い合わせるのが有効な手段といえます。

 

 

temp_sagasu

シャネル財布・小物等を高く買う、高く質入れ出来る店舗の探し方

先にご説明したように、Webサイトからシャネル財布や小物等の取り扱いに力を入れている業者を複数選んで、ライン査定などを利用して画像付きで問い合わせをします。ライン査定の良いところは返信が早いことで、翌日までには問い合わせをしたすべての業者から返信が戻ってくるに違いありません(店舗が定休日の時は翌営業日になるでしょう)

 

 

戻ってきた買取価格や質入れ価格を比較、検討することになりますが、有力な業者の場合査定価格はある程度一定の範囲に収まってくるのが普通です。細かな疑問点があれば、電話やラインで問い合わせて理由の確認を行いましょう。

 

 

そして、最終的に店舗に出向いてシャネル財布・小物等の実際の商品を店頭で査定してもらうことになりますが、その時でも複数店舗回るようにお店を絞り込んでおくとよいと思います。須賀質店が店舗を構える渋谷や池袋、新宿などは質屋や買い取り店が複数店舗、同じエリアで営業しているので1日で複数店舗を回ることも可能です。

 

シャネル財布・小物のブランド一口メモ

高級ブランド・シャネ】の歴史はガブリエル・ボヌール・シャネル(通称ココ・シャネル)が1910年、パリで帽子店「シャネル・モード」をオープンさせたことが始まりです。

彼女は「古い価値観にとらわれない女性像」というコンセプトで様々なファッションスタイルを提供し、成功をおさめました。

主に洋服や香水など個性的なアイテムを手掛ける一方、財布や小物も充実させています。

その中でもシャネルの財布はシンプルさとエレガントさを併せ持つアイテムで、機能性や使いやすさにも優れているため幅広い年齢層の女性たちに人気です。

デザインによっては男性が使用しても違和感なく使えるため、性別を問わず注目を集めています。

デザインは様々で、存在感のあるものや控えめで主張し過ぎないものまで、好みに合ったものを自由に選べる楽しさもまたファン層が幅広い理由となっています。

使用されている素材はレザーが多く、中でもカーフスキン(生後6ヶ月以内の高級牛革)やラムスキン(生後2ヶ月前後の仔羊革)など柔らかいものが主流です。

最近ではキャビアのような粒状の型押しカーフレザー(キャビアスキン)素材が人気を集めているようです。

キャビアスキンは傷が目立たないので使いやすいという特徴も備えているのです。

メールでのお問合せはこちら お電話でのお問合せはこちら